Give me hi five~☆ Rearea♪& Cocoa♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

面会だけの辛さ

夕方、院長から、Cocoa♪のバリウム検査の結果を聞く。

胃停滞状態で、バリウムが8時間以上に渡って、正常に腸へ流れていなかった。
胃へもなかなか、バリウムが流れない状況でもあった。

レントゲンには異物は写らない。

明後日、全身麻酔での胃の開腹手術が決まる。

涙が止まらない

ガーデン動物病院から、なかなか帰れない私

せめて面会をお願いする。

震えるCcooa♪を数分だけ抱っこして、また看護師に返さなければいけない辛さ
抱っこだけしか出来ない辛さ。。。

心が折れた

さすがに心が折れる

あの子は、私が救ってあげられなかった一つの命を救いたくて、
うちに連れてきた子。。。

今日退院できると思っていた

早くても、来週までの入院。

院長との電話と、数分の面会だけが数日続く

メンタルが落ち着くように、せめてCocoa♪の洋服をゲージに入れて欲しいとあずける。

膵炎について、昨夜色々ネットで調べてくれて、
資料をくれたお友達の気持ちに、また涙があふれる。




スポンサーサイト

テーマ:トイ・プードル - ジャンル:ペット

  1. 2009/03/11(水) 19:59:19|
  2. Daily♪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ぎりぎりでまぬがれた開腹手術 | ホーム | Cocoa♪の入院>>

コメント

おはようございます&ご訪問ありがとうございました

cocoちゃま、大変ですね
腸閉塞、誤飲と言うのではなく胃停滞状態・・・・
膵炎なのですか?

本当に気になる事です
私も、気になって今、調べました
また、ワンコ友達も多いので、何かわかったら書き込みさせて頂きますね

我が家のCOCOは、トウモロコシの芯の誤飲から
1kgも痩せさせてしまいましたが
あれから2年・・・・
ストレスで落ちた毛色は戻りませんでしたが
毛艶と体重はほぼ戻りました

cocoちゃまも、元気にまたママの元で
元気に過ごされますよう、奈良からお祈りしております



  1. 2009/03/12(木) 08:09:14 |
  2. URL |
  3. COCOママ #HmAdpEd.
  4. [ 編集]

ありがとうございます。

コメントいただきまして本当にありがとうございます。

腸閉塞ではないようです。

誤飲もレントゲンでは写らないですし、私の見ていた範囲内では
心あたりもなく。。。
何故、こうなったのかが全く解らない状態です。

もともと、吐き癖のある子ではあったので、フードを変えたり、
色々な対応策をとってきていて、一年前も同じような症状で、通院していました。

GTP数値より、膵炎は確実です。

先程、今朝、夕方と、獣医師に電話をしたところ、
皮下点滴と抗生物質投与で、嘔吐が止まっているのと、
レントゲンでバリウムが、直腸までやっとたどり着いているようで、
開腹手術は、現在では行わないという方向性のお話になりました。

Cocoa♪にとって負担の少ない治療で、快復するような治療をとお願いしている
ところです。



  1. 2009/03/12(木) 18:14:34 |
  2. URL |
  3. Cocoママ様へ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yuka66minami.blog19.fc2.com/tb.php/273-e5ff9e79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)